不動産の売却を思い立ったとき、どうすればよいのでしょうか。
ここでは、不動産の売却に関しての一般的な流れをご紹介いたします。

売却の流れ

1.売却(販売)価格の目安を決める

まずは周辺価格を知ることが必要です。
地元の不動産会社やインターネットで査定を受けることができます。
訪問しない簡易査定は、価格に誤差を生じることがあります。より正確な価格を知りたい方には訪問査定をおすすめします。

2.媒介を依頼する

媒介には…
・依頼した不動産会社のみで、契約のほか全てを行う(専属専任媒介)
・依頼した不動産会社のみとお客様ご自身でも直接契約を行う(専任媒介)
・複数の不動産会社に依頼する(一般媒介)

3.不動産を売り出す

売り出し価格は、希望価格だけではなく、査定価格も踏まえて慎重に決めましょう。

4.購入希望者との交渉

購入希望者と条件について交渉します。
契約トラブル防止のために、物件に関する情報はできる限り提供しましょう。

5.売買契約成立

購入希望者と条件合意のもとに売買契約を結びます。
売買契約を結ぶにあたっては、しっかりと契約書の内容を確認しましょう。

6.不動産の引き渡し

購入者より売買代金を受け取り、登記申請(所有者移転等)を行います。

お気軽にお問い合わせください。06-6901-1456受付時間 9:30-20:00 [ 水曜日定休]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問合せください